アーユルヴェーダ

お茶でバストアップ

女性にとってバストはデリケートな悩みの一つです。
思春期の頃は周りの女友達と自分の胸を比べて悩んで悩んだという経験がある人は多いのではないでしょうか。
そして年齢と共に女性は出産や授乳などの経験をする人が多いです。

妊娠や子育てをしている時期は、女性ホルモンのバランスがどうしても崩れやすくなります。
さらに授乳時期などは女性ホルモンの分泌がとても活発なので、乳腺がとても発達しバストがかなり大きくなります。
それが卒乳とともに一気に、しぼんだような胸になってしまい悩んでしまう人も多いです。

そして年齢とともに、バストが垂れたり離れたりしぼんだりという症状に悩まされます。
バストは女性にとっていつまでも女性の象徴として悩み事がつきない部分だといえます。
そんなバストの悩みに効果的な方法が今たくさん増えてきています。

方法も様々で、食事法、運動法、バストアップグッツ、サプリメントなどいろんな方法でバストアップに取り組むことができます。
バストアップに効果があるものとして、以外に身近なものでも効果があるものがあります。
例えばその一つとしてあげられるのが、お茶です。

日本人にはとてもなじみのあるもので、毎日愛飲しているという人も多いでしょう。
そんなお茶には、バストアップにどのような効果が期待できるのでしょうか。
緑茶には、カテキン、カフェイン、テアニン、ビタミン類、ミネラル成分などが豊富に含まれています。

カテキンには抗酸化作用があり、体の老化現象をおさえる働きがあります。
そしてテアニンには、リラックス効果があるのでストレスによる女性ホルモンの減少をおさえることができます。
さらにビタミン類にも抗酸化作用が含まれていて、肌の再生や活性化には欠かせない要素といえます。

このように緑茶にはバストアップにつながる有効成分が豊富に含まれています。
お茶といっても緑茶だけではなく、玄米茶や黒豆茶やマテ茶などもバストアップに効果があるということが分かっています。
ン見やすいお茶を毎日の生活に取り入れて、無理なくバストアップにつなげていましょう。
バストアップの基礎知識は把握しておきましょう。

このページの先頭へ